Smoothie2 Plain Edgeブレード

SMOOTHIE2 PLAIN EDGE BLADE

1996年までの長い期間、当社はローイングにおける効率改善の研究を尽くし、木製オールの時代とは大きく異なる、新しいブレードの型を開発いたしました。エッジの先端にリップと呼ばれる、水中でのオールを制御する構成があることが特徴です。また、 Big Bladeと比較いたしますと、水中における余計な引っかかりが少なくなります。これにより、キャッチ時におけるシャープ感覚を実現いたしました。大枠としては、Big Bladeとほとんど同じでしたが、2006年に、ハンドリング部分の改善がなされ、Smoothie2 Plain Edgeが開発されました。そして現在では、 Smoothie2 Vortex EdgeFat2へと更なる進化を遂げております。

パフォーマンスの最適化

Smoothie2 Plain EdgeはBig Bladeよりも効率的なローイングを実現可能ですが、Vortex EdgeFat2Smoothie2 Vortex Edgeには劣ります。

Smoothie2 Plain Edgeは、FatやSmoothie2 Vortex Edgeよりもアウトボードが広くなります。ただし、クルーによっては、Big Bladeの場合よりもアウトボードを短くすることが必要になります。

Smoothie2 Plain Edge 寸法
 スイープ用スカル用
ブレード長54.5 cm46 cm
先端幅25.5 cm21.5 cm
最大幅25.5 cm21.5 cm
English EN Japanese JA