バンタムスカル

BANTAM SKULL

当社新製品のバンタムスカルは、Ultralightシャフトなど、構成する部品はこれまでと同じものを用いたものとなっておりますが、新しく、「コンパクトブレード」を導入いたしました。これにより、ウルトラライト同様の軽さ・バランスを実現しながら、耐久性の向上と価格の抑制を達成いたしました。

バンタムスカルは年少者用、レクリエーション用、初心者用、お年寄り用など、様々な用途にご利用いただけます。ご注文も簡単です。特に多くの方にご利用いただいている、標準仕様のセット(下記にリストあり)をお勧めいたします。 (カスタム可能です)

バンタムスカルの特徴

  • ブレードが小さく 、押出し鋳込射出成形を用いた低コストのデザインにより、Ultralightレーシングスカルと同程度の軽さとバランスを実現。
  •  Smoothie2やFat2に匹敵する性能。十分な幅を持つ形状により、水中が安定し、効率的な水深力を実現。
  • Smoothie2やFat2よりも10 cm短い。
  •  表面積が小さいことより、Smoothi2カーボンブレードと同じ重さでありながら扱いやすさを実現。
  •  押出し鋳込射出成形ポリプロピレンは炭素繊維と比べ硬さにかけるが、耐久性は高く、交換費用も押させることが出来る。
  • 白塗り仕上げだが、追加料金により52色の淡色塗装が可能。
  • オール長は281-286 cmを推奨いたします。多くのお客様にこの幅でお使いいただいており、負荷傾向もFat2とSmoothie2 Plain Edgeの間程度の適切な領域になります。以下の比較をご覧ください。
    ブレード推奨長さ
    Smoothie2 Plain Edge284–289
    Compact281–286
    Fat2278–283
  • バンタムスカルはUltralightカーボンファイバー、5 cmの調整システム、そしてグリーンラバーグリップを搭載しております。カスタム可能でありますので、詳細はConcept2までお問い合わせください。

FAQs

若年層やレジャーでのローイング人気の上昇に伴い、米国や諸外国において、小さなローイングセンターが増加しています。これらのセンターでは、クラブ環境の厳しさにに耐えうる、質の高い道具をメンバーに提供しようと奮闘しています。そこで、我々は、漕力を損うことなくコンセプト商品の耐久性とサポート体制についての評判を維持できるような、低コストのスカルオールの必要性を見出しました。

バンタムスカルの耐久性は誰にとっても有益なことです。しかし、使用頻度の高いプログラムやレジャー用にオールを使用する方々には、尚更、Compactブレードは評価頂けると思います。これまでのカスタマー調査では、漕艇時の安定性と信頼性を過度に重視していました。また、キャッチの簡便性やクリーンフィニッシュも重要な特性として強調されていました。しかし、これらすべては結局、漕艇経験によらず簡単に漕ぐことのできるオールが有益であるということになります。

これまでのスピードテストでは、Fat2やSmoothie2ブレードとほぼ同じ速さです。しかし、この結果を立証するためには、社内外で更なるテストを行うことが必要です。今のところは、安定性・耐久性・クリーンな出入水など、バンタムスカルの多くのプラスポイントが、レース用に使用するアスリートにだけではなくレジャー用に使用する方々にも役立っています。

バンタムスカルはCompact ブレードがその特徴であり、シャフト等の標準的なスペックは下記になります。 -シャフト:Medium stiffness Ultralight carbon fiber shaft
-シャフト長さ:281–286cm
-ハンドル:5cm adjustable
-グリップ:Medium green rubber
-インボード:79–91cm
-ピッチ:0 degrees
カスタマズは可能ですので、コンセプトまでお問い合わせ下さい。

オールの重量はおよそ1350グラムで、Ultralightレーシングスカルと同じです。掌にかかるバランスポイントと重量も同じです。

はい可能です。Compactブレードは、コンセプト社のすべてのスカルに付けることができます。しかし、CompactブレードがSmoothie2ブレードより10cm短いことを考慮すると、疑問が生じます。例えば、Compactブレードをシャフト長さ284–289cmのUltralightスカルに装着すると、オールの長さは274–279cmになります。多くのケースでは、実践的に使用するには短か過ぎる長さになります。

Compactブレードは、シャフト長さが290-295cmのMaconブレードスカルに取り付けることが理想的です。このケースでは、MaconブレードとCompactブレードの交換により、ローイング感覚の大きな改善と適正なブレード荷重が実現されます。

はい可能です。Compactブレードは、Ultralightカーボンファイバーブレードのようにペイントすることができます。ポリプロピレンのブレードの材質は、接着性確保のために特殊な下塗り剤を必要としますが、この下塗り剤は自動車用品販売店で入手することができます。ペイントについての詳しい説明がありますので、下記サイトを参照下さい。
http://www.concept2.jp/support/oar/painting-blades.html#compact
http://www.concept2.com/service/oars/painting-blades#compact

別の選択肢として、コンセプトでは1ブレードにつき20ドルでブレードをペイント致します。52色のカラーが選べます。カラーオプションについては下記サイトを参照して下さい。
http://www.concept2.jp/oar/color-options
http://www.concept2.com/oars/oar-options/blades/color-options

ブレードにビニールステッカーを貼り付けるデサインの場合、ほとんどのステッカーは、白のプラスティックブレードにはうまく接着しないことに留意して下さい。このケースでは、下塗り剤とペンキでの仕上塗りにより、ステッカーを接着するのに適した表面に仕上げることができます。ブレードデザインとステッカーについての詳しい情報については、コンセプトまでお問い合わせ下さい。

English EN Japanese JA