Concept2エルゴメータを用いたトレーニングでは、強度や時間をご自身で決めていただくことが可能です。ダンパーのセッティングやどのくらい強く、速いペースでエルゴを引くかによって、自在にトレーニングのレベルを変えることができます。強度を上げるために重要なのは、どうやってそれをモニタリングするか、そしてどのように、いつパワーを上げるか、ということです。

強度のモニタリング

パフォーマンスモニターの最大の長所は、ストロークごとにペースや強度に関するフィードバックを受けることができるということです。500 mごとのペースが表示されている場合、その表示時間は同じペースで500 mを漕いだら何分かかるか、ということを示しており、強い強度の場合は小さい時間が表示されることになります。2:00/500mと表示される人は、2:08の人より速く、1:48の人より遅いということです。また、カロリー表示をしている場合は、逆に値が大きい場合において大きなカロリーが表示されるということになります。

レート

ストロークレートとは、1分間に何回漕いでいるか、を意味する数字です。PMのディスプレイの右上に表示されます。ただし、レートが高いからと言って強度も高くなっているとは一概には言えないことに注意してください。強度を上げる際には、レートは24-30とすることをお勧めいたします。また、レースにおいてはレートは36を上回らない方がよいでしょう。

力の緩急をつける

レートを一定に保つために必要なことは、ドライブとリカバリーの裏表を明確にして漕ぐことです。ドライブにおいては、脚、背中、そして腕という流れで力を加えていきます。一方リカバリーにおいては、一切の力は不要であり、リラックスして次のストロークに備えることに集中します。ドライブ-リカバリーの比率は、一般には1:2とすることがよいでしょう。リカバリーをドライブの2倍程度とることは非常に重要です。必要なら、当社の技術動画や「強い強度で漕ぐ」の項をご覧ください。

始め方

トレーニングを開始する前に、免責事項を必ずお読みください。

強度の高いトレーニングを行う際は、強度の低いトレーニングの中に強度の高いトレーニングを入れていくことが重要です。以下に一例を示します。

  • 10秒チャレンジ:長い時間のローイングの中に、10ストロークの全力漕ぎを入れる。
  • アクセル:10-15ストロークかけて、徐々に強度を上げていく。
  • ピックアップ:長い時間のトレーニングの中で、500 mごとに20ストローク(45秒)の強調を入れる。
  • オルタナティブ:20秒強く引く、1分40秒リラックスして引く。トルクのタイムが5秒以上上がるようにする。